登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア、「オーカス」に原子力潜水艦プロジェクトの放棄を促す

© Sputnik / Alexander Natruskinミハイル・ウリヤノフ露常駐代表
ミハイル・ウリヤノフ露常駐代表 - Sputnik 日本, 1920, 28.11.2021
フォローする
在ウィーン国際機関代表部のミハイル・ウリヤノフ露常駐代表は、パートナーシップ「オーカス(AUKUS)」の参加国(オーストラリア、英国、米国)が原子力潜水艦プロジェクトの実現を放棄することにロシアは期待していると述べた。
ウリヤノフ氏は、AUKUSに関する国際原子力機関(IAEA)理事会の会期で「最終的には常識が勝ち、AUKUSの参加国が18カ月にわたって追加調査を行った後、国際社会の意見を考慮し、原子力潜水艦プロジェクトの実現を停止する必要があるという結論に達することに期待している」と述べた。
ウリヤノフ氏はまた、IAEAのグロッシ事務局長がIAEAとオーカスの相互作用の展開について理事会に定期的に報告することが根本的に重要だとの考えを示した。
今年9月、日本、インド、オーストラリア、米国4カ国による枠組み「クアッド(QUAD)」の対面形式では初の首脳会議が行われた。その後、米国、英国、オーストラリアの3カ国は、新たな安全保障の枠組み「オーカス(AUKUS)」を創設した。
関連ニュース
アジアで3~4年後に武力紛争が勃発する恐れ ロシアの大富豪が警告
中国人の元国連事務次長、核の先制不使用政策の放棄を呼びかける AUKUS結成で
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала