日本の人口 5年でおよそ100万人減少

日本国民 - Sputnik 日本, 1920, 30.11.2021
日本の人口は、永住外国人も含め、2020年10月時点で1億2614万6000人となり、2015年との比較で94万9000人減少した。30日に総務省が発表した国勢調査で明らかっとなった。
生産年齢人口(15歳から64歳)は7508万8000人となった。14歳未満の児童数は1503万2000人だった。一方、65歳以上の高齢者人口は65 歳以上人口は 26.6%から 28.6%に上昇した。このことは、出生率の減少と日本の高齢化の傾向を強く示している。
Пожилые люди в Японии - Sputnik 日本, 1920, 24.09.2020
高齢化社会 世界に先駆けて大規模な人口動態問題に直面した日本
同国の一般世帯数は5570万5000世帯。そのうち2115万1000世帯は1人世帯で、1世帯あたりの平均人数は2.21人となり、1970年以降でもっとも少なくなっている。

予想によれば、2053年までに日本の人口は1億人、2065年には8800万人にまで減少し、そのうち38%が60歳以上になると見込まれる。
関連ニュース
韓国に世界初の浮遊都市建設へ 気候変動対策で国連が支援
北京市、出産を促進する新たな措置導入
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала