日本 電車内の防犯カメラ義務化へ 相次ぐ襲撃事件受け

© 写真 : Armovisionキャメラ
キャメラ - Sputnik 日本, 1920, 03.12.2021
今年10月に起きた京王線刺傷事件など、電車内で乗客が襲われる事件が相次いでいることから、日本国土交通省は鉄道会社に対し、今後新たに導入する車両に防犯カメラの設置を義務付けることなどを求める対応策を発表した。3日、日本のメディアが報じた。
乗客17人が重軽傷を負った京王線の刺傷事件では、事件当時、車両内にカメラがなかったことから状況の把握に時間がかかった。同省によれば、防犯カメラの設置によって事件の抑止力を高め、現場の状況の早期把握につなげたいという。
今後、詳細について有識者と議論し、車両の設備を定める鉄道営業法の省令改正を行う方針
また、対応策には鉄道利用客に手荷物検査を実施することに理解と協力を求めるとともに、警察と連携することも盛り込まれたほか、緊急通報装置や手動でドアを開閉する「非常用ドアコック」を安全に降車できる場合に限り使用するよう求めることなどが盛り込まれた。
関連記事
米国の学校で起きた銃乱射事件 4人殺害の生徒にテロと殺人容疑
九州新幹線の車内で放火未遂 乗客の男を逮捕
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала