日本企業が極東の大手森林企業の株式75%を取得 ロシアが了承

森林 - Sputnik 日本, 1920, 03.12.2021
日本企業「飯田グループホールディングス」がロシア極東ホールディング「RFPグループ」の株式75%を取得し、ロシア政府が了承した。ロシアのメディアグループ「RosBiznesConsulting」が報じた。
取引に関して、日本市場で木造住宅を牽引する「飯田グループホールディングス」社は、ロシア政府が提起した3つの条件を満たす必要がある。第1は、2026年末まで極東の木材加工産業の発展に1億5000万ドル(約169億8000万円)を投資すること。第2に、2026年に現在の75万2000立法メートルから170万立法メートルまで木材加工を倍増し、木材を無駄なく使用し生産を増加すること。第3に、必要な規模で雇用を維持すること。
ロシア極東と日本 将来性の高い多くの分野 - Sputnik 日本, 1920, 26.03.2018
ロシア極東と日本 将来性の高い多くの分野
ロシアの極東企業「RFPグループ」は、アジア各国へ木材輸出を行う大手企業の1つとして知られる。同企業は、年間370万立方メートルの伐採が許可されている区画をリースしている。「飯田グループホールディングス」社は、日本市場の50%を占め、年間5万件の木造住宅を建築している。同社はさらに生産を拡大したいと考えている。
ロシアでは森林伐採と海外への木材販売は法律で規制されており、違反した場合には厳格に罰せられる。通信社「スプートニク」は以前、木材の密輸でロシアの法執行機関に逮捕され、懲役7年が言い渡された中国人について報じている。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала