登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新型コロナ、ワクチン未接種者に罰金導入=オーストリア

© Sputnik / Ekaterina Prokofieva / フォトバンクに移行ウィーン、コロナ抗議デモ
ウィーン、コロナ抗議デモ - Sputnik 日本, 1920, 06.12.2021
フォローする
2022年2月1日から新型コロナウイルスのワクチン接種を義務化するとしているオーストリアは、2022年3月半ばより、これを拒否した者に対し、最大で3600ユーロ(およそ45万9500円)の罰金を科す。5日、テレビ局「プラス24」が新たな法案の内容を基に報じた。
「プラス24」が入手した新たな法案では、2022年3月15日より、ワクチン接種の義務を違反した場合、罰金が科せられることが検討されている。ワクチン未接種者は3ヶ月ごとに600ユーロ(およそ7万6500円)支払わなければならないとされ、その金額は最大で 3600ユーロ(およそ45万9500円)となる。罰金の金額は収入や経済状況を考慮し、決定されるという。一方、法案には、ワクチン接種が強制的に行われることはないと明記されている。
シャレンベルク首相 - Sputnik 日本, 1920, 19.11.2021
新型コロナウイルス
オーストリア、2022年2月1日から新型コロナワクチン義務化へ
さらに14歳以下の子ども、妊婦、ワクチン接種が健康や生命に危険をおよぼす可能性があるとされる者、また180日以内に新型コロナに感染した者は、ワクチン接種義務化の対象外とされる。ただし、ワクチン接種が禁じられている人や感染者は、それを証明する医療機関からの書類を提出することとされている。
これより前、新聞「プレス」はこの法案について、オーストリアで義務化されたワクチンの接種を拒否した場合、最大7200ユーロ(およそ91万8700円)の罰金が科せられると報じていた
関連ニュース
男がシリコン製の腕で接種会場へ ワクチン接種の事実を作るため イタリア
「健康への対価」 ギリシャが60歳以上のワクチン拒否者に罰金導入
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала