登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

WHOが解説 新型コロナ「オミクロン株」の感染をどう捉えるか

© AFP 2021Omicron
Omicron - Sputnik 日本, 1920, 06.12.2021
フォローする
新しいオミクロン株に感染した患者は、新型コロナの症状が軽症になることを示す根拠がある。世界保健機関(WHO)の新興感染症部門長のマリア・バンケルコフ氏が明らかにした。
この間、WHOは、新しい変異種による死亡事例は今のところ確認されていないと発表している。
オミクロン株出現に関する新仮説 研究者が発表=ブルームバーグ - Sputnik 日本, 1920, 06.12.2021
新型コロナウイルス
オミクロン株出現に関する新仮説 研究者が発表=ブルームバーグ
テレビ局CBSのインタビューに、バンケルコフ氏は、「当初のデータでは基本的に『オミクロン株』の感染者の軽症化が示されているが、そう言い切るのは時期尚早だ」と強調した。
また、同氏は、軽症であっても入院患者数は増加する可能性があり、多数が入院することで死者数が増加に転化するおそれがあると警告した。
これよりも前、世界保健機関(WHO)が緊急会合を開き、南アフリカで発見された新型コロナウイルスの新たな変異株を「懸念される変異株」に指定することを決定した。
WHOは、この新しい変異株「B.1.1.529」をギリシャ語のアルファベットにちなんで「オミクロン株」と命名した。世界医師会のフランク・ウルリッヒ・モントゴメリー議長は、「オミクロン株」がエボラウイルスに匹敵する危険性を持ち、「デルタ株」同様に感染力があり、すでに全ての大陸で確認されていることに懸念を示している。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала