登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

中国の出生率が史上最低に

© AP Photo / Andy WongЛюди в масках на улице в Пекине
Люди в масках на улице в Пекине - Sputnik 日本, 1920, 07.12.2021
フォローする
2020年の中国の出生率は、記録が開始された1978年以降で最低レベルとなった。中国の国家統計局のデータによれば、2020年の同国の1000人あたりの出生率はわずか8.5だった。インドの通信社「United News of India.」が報じた。
報道によれば、中国の人口増加のテンポは、家庭に関する厳しい抑制策「一人っ子政策」が実施された1970年代後半から、急速に低下し始めた。1980年代のはじめ、中国の出生率は1000人あたり21というレベルだったが、2019年にはこの割合は2分の1に減少し、1000人あたり10.48という数値になった。報道によれば、中国の出生率の低下傾向は長期的なものだという。
出生率の記録的な低下の他にも、中国ではすでに7年連続で結婚するカップルの数が減少している。2013年には1330万カップルが結婚したが、2020年にはこの数は年間わずか810万となったと報道は指摘する。
通信社「スプートニク」は以前、先進国で出生率の低下が見られることを紹介している。この5年で日本では人口がおよそ100万人減少している。
関連ニュース
中国当局 TikTokの児童の視聴時間を1日40分に制限 アプリに教育動画も
中国 児童のストリーミング配信参加を禁止
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала