登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国のサンタクロース ピストル携帯で子どもたちにプレゼントを配達

© Sputnik / Pavel LisitsynФинский Санта-Клаус Йоулупукки на пресс-конференции в аэропорту Кольцово в Екатеринбурге
Финский Санта-Клаус Йоулупукки на пресс-конференции в аэропорту Кольцово в Екатеринбурге - Sputnik 日本, 1920, 09.12.2021
フォローする
米国コロラド州のエルパソ郡保安官事務所は、クリスマスにあたってサンタクロースの写真を掲載したおちゃらけた投稿をツイッターに公表した。このサンタクロースはこっそり武器を所持する許可を受けるために警察署を訪れている。しかし、ネットユーザーは、近年発生した学校内での悲劇的な発砲事件から、この広告は配慮の欠けたものと考えている。ザ・ヒル紙が報じた。
同保安事務所の公式ページに公開された広告用写真では、サンタクロースの衣装をまとった男性が女性スタッフに向かって座っているが、このスタッフは許可証を作成している。また、書類の下部には、「想像してみてください。こっそり武器を携帯する許可を受けるために、今日、誰がやってくると思いますか?」と説明が記されている。
報道によれば、同保安事務所ではこの公報キャンペーンで誰かの気分を害させようとは考えていなかったと述べ、それどころか、事務所の首脳部は広報の主人公にサンタクロースを選ぶことでお祝いムードを高め、こっそり武器を所持する許可をすでに約5万人の住民に発効した熱心な職員たちに感謝の気持ちを表そうとしたのだという。
しかし、報道によれば、ツイッターのユーザーらは、ピストルを忍ばせたサンタクロースのおちゃらけた広告に憤慨し、これをタイミングの悪い、配慮の欠けたものだと指摘した。一方で、10月末にミシガン州オックスフォード市の地元校の生徒が校内で発砲し、4人が死亡、7人が負傷したことを思い出させた。コロラド州ではこの数年来、たくさんの銃乱射事件が発生しているとザ・ヒル紙は強調する。サンタクロースでさえピストルが必要という公報発案者のアイデアは、ユーザーを喜ばすことはなく、お祝いムードを作り出すことはできなかったと同紙は強調する。
通信社「スプートニク」は以前、米国オックスフォード市の学校で発生した事件について報じている。この事件では、未成年者が銃を発砲し、4人を殺害している。
関連記事
スーパーマーケットに武装した男が侵入、客を襲撃 ニュージーランド
小型飛行機が企業のビルに突っ込む、4人死亡=米コネティカット州
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала