登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本の人気アニメ制作会社 脱税で罰金3000万円、社長に有罪判決

© AP Photo / Shuji KajiyamaЗдание окружного суда в Токио, Япония
Здание окружного суда в Токио, Япония - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2021
フォローする
法人税など約1億3800万円を脱税した罪に問われている日本のアニメーション制作会社「ユーフォーテーブル」について、東京地方裁判所は10日、同社に罰金3000万円、また、社長に懲役1年8か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。日本のメディアが報じた。
判決によると、同社社長の近藤光被告(52)は、2015年から2018年にわたり売上の一部を除外するなどし、約4億4100万円の所得を隠し、法人税など計約1億3800万円余りを脱税した。
東京地裁は近藤被告に対し、改ざんに消極的な会計担当の妻へ執拗に改ざんを指示したとして、「脱税の意図は強かった」と指摘。そのうえで、「品質の高さにこだわった作品が高く評価され、会社全体としては大幅な黒字が続く状態だったにもかかわらず、売上の一部を除外することを繰り返した。将来に備えて資金を残したいという不安感を踏まえても刑事責任は重い」と述べた
判決を受け、同社はホームページで文章を発表。「弊社作品を応援いただいておりますファンの皆さまをはじめ、関係者にご心配、ご迷惑をおかけしたことについて誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます」と陳謝し、また「本件を契機として、持続可能なより良い作品づくりに向けた制作環境の整備に向け、法令を遵守し、経営の適正化に一層努めて参ります」とコメントした。
同社は大ヒットを記録した漫画「鬼滅の刃」のテレビアニメシリーズ・映画制作を手掛けたことで知られる。
関連記事
20年日本アニメ市場規模 海外が初めて日本を上回る
中国企業が世界市場に向けたアニメ普及に貢献?テンセントがKadokawaに出資
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала