登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

コロナウイルスのタンパク質がISSで培養へ

© 写真 : NASA/Roscosmos国際宇宙ステーション(ISS)
国際宇宙ステーション(ISS) - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2021
フォローする
3D バイオプリンティング・ソリューション社の共同設立者のユセフ・ヘスアニ氏は、国際宇宙ステーション(ISS)のロシアのセグメントで近いうちにもSタンパク質とコロナウイルスのスパイクのRBDタンパクの培養実験を計画していることを明らかにした。
ヘスアニ氏の話では、現在の主な課題は、これらのタンパク質の構造と内部の結びつきの理解のために宇宙空間でタンパク質を結晶化させることにある。これにより感染症に対してどの薬剤の使えばよいかが明らかになる。
ロスコスモスのアレクサンドル・ブロシェンコ先端プログラム・科学担当ディレクターは、軌道上に運ばれるのはコロナウイルスそのものでははなく、「分析の対象となる特定の構造」と指摘している。
Omicron - Sputnik 日本, 1920, 09.12.2021
新型コロナウイルス
「オミクロン株」はデルタ株よりも感染力が強いが進行は緩やか=日本の研究
スプートニクはこれまで、香港大学が、表面に付着したコロナウイルスを殺傷することができる世界初のステンレス鋼を開発したと報じている。
関連ニュース
前澤氏と平野氏を乗せたソユーズ宇宙船 軌道に投入
NASA ISSの後継となるステーション開発計画に3社と合意
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала