登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

中南米4カ国、移民の人身売買対策に同意=メキシコ外務省

© REUTERSメキシコ南部チアパス州での事故
メキシコ南部チアパス州での事故 - Sputnik 日本, 1920, 11.12.2021
フォローする
中南米にあるドミニカ共和国、エクアドル、グアテマラ、メキシコの政府は、9日にメキシコで発生した交通事故により移民55人が死亡したことを受け、国際的な人身売買および密輸ネットワークに対し直ちに措置を講じることで合意した。メキシコのマルセロ・エブラード外相が表明した。
エブラード外相は自身のツイッターにこのように投稿した。
ドミニカ共和国のマリア・イザベル・カスティージョ・バエス大使、エクアドルのマリオ・カリオン・ナバ大使、グアテマラのマリオ・アドルフォ・ブカロ大使とともに、我々は昨日の悲劇の原因となった国際的な人身売買および密輸ネットワークに対し直ちに措置を講じることで同意した。刑事免責はなしとする。
メキシコ南部のグアテマラと国境を接するチアパス州で9日、約160人を乗せたトラックが速度超過し、横転した。この事故により、主にグアテマラからの不法移民55人が死亡し、さらに105人が病院へ搬送された。
カンボジアが米国の武器禁輸に報復 米国製武器の完全排除へ - Sputnik 日本, 1920, 11.12.2021
カンボジアが米国の武器禁輸に報復 米国製武器の完全排除へ
2020年9月から2021年10月までの間に、米国政府はメキシコとの国境で過去最多となる170万人を拘束した。これは前年の同時期の4倍近くに上る。このような背景から、米国の裁判所は「メキシコ待機(Remain in Mexico)」政策の再開を決定した。このプログラムは、米国への亡命を希望する不法移民を、申請手続きを待つ間メキシコに待機させるというもの。
関連ニュース
過去50年間で移民の数が世界で3倍に
フランス沿岸で移民船が転覆、31人死亡
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала