新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

バルセロナ大研究チーム、12年研究認知症リスクを低下させる食事とは

© Depositphotos / AndrewLozovyiバルセロナ大研究チーム、12年研究認知症リスクを低下させる食事とは
バルセロナ大研究チーム、12年研究認知症リスクを低下させる食事とは - Sputnik 日本, 1920, 12.12.2021
植物性食品が豊富な食事は、高齢者の認知障害や認知症のリスクを低減させる。バルセロナ大学の研究チームが解明に成功した。「Molecular Nutrition and Food Research」誌に紹介されている。
研究チームは12年にわたり65歳以上の被験者842人を観察。被験者自身の報告、また食品代謝物の分析結果に着目した。
その結果、カカオ、コーヒー、キノコ、赤ワイン、ポリフェノールが豊富なリンゴ、緑茶、ブルーベリー、オレンジ、その他野菜果物など代謝物濃度が高いものは、認知障害リスクを低減させることがわかった。甘味料の使用は反対に認知症を招きやすいことも明らかになった。
頭の中にある神経細胞 - Sputnik 日本, 1920, 15.09.2021
日本人科学者 認知症の発症に関係する新たな兆候を発見
これより前、オーストラリアのエディス・コーワン大学の研究チームは、コーヒーを大量に飲むことが不治の病・アルツハイマー病との闘いにおいて有益だとの研究結果を発表した。
関連ニュース
医師がアルツハイマー病における音楽の利点について解説
サケの脂肪酸誘導体 認知症の治療薬開発に役立つ可能性 研究者らが明らかに
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала