登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ウクライナ情勢悪化の場合、G7は一致してロシアに制裁実施=ブルームバーグ

© Sputnik / Maxim Blinov / フォトバンクに移行制裁(アーカイブ写真)
制裁(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 12.12.2021
フォローする
先進7カ国(G7)はウクライナ情勢が悪化する場合、ロシアに連携して制裁を実施することで合意している。米国務省高官の証言をもとにブルームバーグ通信が報じた。
ブルームバーグによると、仮にロシアがウクライナを巡る情勢で懸念されている行動に出る場合、ロシアは「深刻な打撃」に直面する点においてG7は一致していると言う。
バイデン大統領とプーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 11.12.2021
露米首脳会談、ウクライナが焦点に
この問題は英リバプールで開催されているG7外相会合でも検討され、各国はジョー・バイデン大統領の路線に追従することで合意したという。米国務省の高官が匿名で証言したところによると、米国政府は具体的な対露制裁の内容は公言していないものの、必要となればロシアに対する措置は可及的速やかに実行に移されるという。
G7外相会合は英リバプールで12月11日から12日にかけて開催されている。
Помощник госсекретаря США по делам Европы и Евразии Виктория Нуланд - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2021
ロシアはウラル山脈以西の全兵力をウクライナ国境に集結させる用意がある=米国務次官
ホワイトハウスは現時点においてロシアがウクライナ侵攻に関して最終的な決定は下していないと判断している。ジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はブリーフィングで、「我々はプーチン大統領が決定を下したとはみなしていない」と発言した。また、米国政府はウクライナから米国市民を退避させる必要性についても現時点では表明していない。
米国はロシアがウクライナに侵攻した場合に備え、世界経済システムからロシアを完全に遮断し、ロシアのビジネス、及び国民に大きく影響力を行使する「前例のない経済制裁」を同盟国と検討している。一方、ロシアはウクライナ侵攻の計画を否定し、自国内で部隊を自由に展開する権利があるとしている。
関連ニュース
バイデン氏がウクライナのNATO加盟を支持、ロシアへの領土譲渡は議論せず=ウクライナ大統領府長官
NATOの狙いはロシアの領土縮小=露大統領
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала