登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

米国のオミクロン株感染者の大多数はワクチン接種済

© AP Photo / Mark Thiessenワクチン接種
ワクチン接種 - Sputnik 日本, 1920, 12.12.2021
フォローする
米国疾病予防管理センターは、国内のコロナウイルス「オミクロン株」の感染者の大多数は、ワクチン接種を2回済ませていたと発表した。ロイター通信が報じた。
発表によると、オミクロン株の感染例43件のうち34人がワクチン接種を2回済ませており、そのうち14人がすでに追加接種も受けていた。
同センターによれば、感染者の大多数には、咳や鼻づまり、倦怠感といった軽症が見受けられ、また、稀に吐き気や嘔吐、息切れ、下痢、味覚や嗅覚の障害といった症状が生じている。
オミクロン - Sputnik 日本, 1920, 12.12.2021
新型コロナウイルス
オミクロン株、2度のワクチン接種では無意味=イスラエル研究
2021年11月末、南アフリカ共和国で新型コロナウイルスの新たな変異ウイルスB.1.1.529が発見され、変異の種類が32と著しく多いことが確認された。世界保健機関(WHO)はこれをオミクロンと命名し、感染リスクが「極めて高い」ことから「懸念される変異株」に分類している。オミクロン株が既存のワクチンによる免疫を回避するかどうかは現時点では不明。ロシア国立ガマレヤ研究所、ファイザー、バイオエヌテックモデルナの各社はすでにオミクロンに対抗するワクチン開発に着手している。
関連ニュース
ウィーン コロナ制限に反対の数千人がデモ
英国 オミクロン株対策難航も追加接種の効果は70〜75%
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала