登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

オミクロン株、ワクチンの効果下げる可能性 感染拡大の速度はデルタ株上回る=WHO

© REUTERS / Denis BalibouseЛоготип Всемирной организации здравоохранения в Женеве
Логотип Всемирной организации здравоохранения в Женеве - Sputnik 日本, 1920, 13.12.2021
フォローする
世界保健機関(WHO)は12日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に関する情報を発表し、予備データによると、オミクロン株はワクチンの有効性を低下させる可能性があるものの、デルタ株よりも危険性は低いとの見方を示した。
WHOの声明には「現時点で、オミクロン株へのワクチンの有効性に関するデータは限定的で、確証的な証拠はない。予備データや『スパイクたんぱく質』にかなりの数の変異があることが、ワクチンの有効性を低下させることを示唆している」と述べられている。
ファイザー製ワクチン - Sputnik 日本, 1920, 12.12.2021
新型コロナウイルス
香港の研究チーム「オミクロン株に対するファイザー製ワクチンの有効性は従来の32分の1」
またWHOは、予備データによると、検出された症例のほとんどが無症状または軽度から中等度であったため、オミクロン株の危険性は低いと指摘している。
声明によると、2021年12月9日の時点で、オミクロン株は63か国で確認され、世界における感染拡大の速度ではデルタ株を上回るという。WHOは、オミクロン株が急速に広まった理由は未だ明らかになっていないとしている。
関連ニュース
米国のオミクロン株感染者の大多数はワクチン接種済
理研 日本で新型コロナ致死率が低い要因を解明
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала