登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

スペインの火山が噴火の記録を更新:沈静時期は予想困難

© REUTERS / Borja Suarezスペイン領ラ・パルマ島のクンブレビエハ火山
スペイン領ラ・パルマ島のクンブレビエハ火山 - Sputnik 日本, 1920, 13.12.2021
フォローする
スペイン領ラ・パルマ島のクンブレビエハ火山が9月19日に噴火し、すでに85日間以上にわたり続いている。研究者によれば、火山噴火の規模と期間は予測できないという。AP通信が報じた。
過去数日にわたりスペインの専門家らは、クンブレビエハ火山が3ヶ月で収束するという期待を抱いたが、彼らの考えによれば、それはこの数日で火山活動にいくらかの安定が見られたからだった。報道によれば、専門家たちは、同島のクンブレビエハ火山地域で発生する地震の頻度と震度、また、この地域の大気中の二酸化硫黄レベルに変化が生じていることから、こうした考えを表明した。11月11日から12日にかけ研究者らは24回の地震を観測したが、地元住民は揺れをまったく感じなかった。
「スプートニク」は以前、ロシアのカムチャツカ地方のカリムスキー火山が4キロ上空まで火山灰の噴煙を立ち上らせたと報じている。この火山の煙流が東部40キロまで広がり、航空用の警戒レベルが4に引き上げられた。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала