登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

北海道のヒグマ被害が過去最高 今年だけで死傷者12人

© AP Photo / Eugene HoshikoМонастырские ворота в префектуре Тотиги, Япония
Монастырские ворота в префектуре Тотиги, Япония - Sputnik 日本, 1920, 14.12.2021
フォローする
北海道ではヒグマによる被害件数が統計が取り始められた1962年以降で最多となり、死者4人、負傷8人にのぼっている。11月にも夕張市の山林で江別市の男性の遺体が見つかっており、ヒグマによる襲撃の可能性が指摘されている。男性の頭部には獣に引っかかれたような傷が確認されている。
この季節、ヒグマは冬眠に備えて溜め込みを行っており、ハイキングやキノコ狩りで人が入山することで被害が増加する。
象 - Sputnik 日本, 1920, 02.12.2021
南アの動物保護区で怒った象がサファリ用ジープを襲撃
道のサイトでは、ヒグマは北海道の豊かな自然を代表する野生生物ではあるが、近年、市街地に出没するヒグマが増加しており、ヒグマについての正しい知識を持つことが必要となっていると注意を促している。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала