登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

仕事中に寝たことがある人は管理職または今年の昇進率が高かった

© Fotolia / Joesphotostyle寝ている労働者
寝ている労働者 - Sputnik 日本, 1920, 14.12.2021
フォローする
米国で米国人1000人を対象に実施された世論調査によると、回答者の3人に2人以上が勤務時間中に少なくとも1回は寝た経験があることがわかった。Z世代では80%、ミレニアル世代では70%が勤務時間中に少なくとも1回は寝た経験があると回答した。
なお、仮眠した経験がある従業員の今年2021年の昇進率は、昼寝をしたことがない従業員よりも18%高かった。
回答者は、生産性を向上させるための理想的な睡眠時間は20〜30分で、よりクリエイティブになるための睡眠時間は10〜20分で十分だと指摘した。
世論調査によると、昼寝をしたことがある人は、管理職または今年昇進した確率が高かった。
寝不足 - Sputnik 日本, 1920, 09.10.2020
IT・科学
専門家が昼間の眠気の原因を指摘
管理職で勤務時間中に寝た経験がある人は55%、寝た経験がない人は41%だった。また、過去1年間に昇進した人たちの中で、勤務時間中に寝た経験がある人は53%、昼寝をしたことがない人は35%だった。
回答者の42%が仮眠室やカプセルベッドなどのアイデアを支持し、36%は必要に応じて睡眠をとることが許可されることを望んでおり、また32%が職場に健康的な睡眠の文化があることを希望していると答えた。
関連ニュース
睡眠学の研究者 不眠症への対処法をアドバイス
睡眠時の無呼吸ががんの発症を示している可能性 研究で明らかに
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала