登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

岸田首相、米国主導の北京五輪外交ボイコットに合流

© AP Photo / Eugene Hoshiko岸田首相
岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 16.12.2021
フォローする
岸田文雄首相は16日午前に開かれた参院予算委員会で、2022年2月に予定されている北京冬季五輪・パラリンピックについて、「今のところ私自身は参加は予定していない」と表明し、米国主導の外交ボイコットに合流する姿勢を示した。毎日新聞が報じた。
岸田首相は米国主導の外交ボイコットに関連し、自身の不参加を正式に表明した。また、政府は高官を派遣しない姿勢を示している。
日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長など、五輪関係者は開会式への出席を検討している。この点について岸田首相は「適切な時期に諸般の事情を勘案し、国益の立場から自ら判断することが重要だ」と指摘した。
国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長 - Sputnik 日本, 1920, 09.12.2021
五輪の政治利用は大会の終わりを意味する=IOC会長
人権問題を理由に掲げた北京五輪への外交的ボイコットは米国に続いて、英国、オーストラリアなど数か国が表明している。韓国は13日、外交的ボイコットは検討していないと表明していた。
プーチン大統領は15日、中国の習近平国家主席とオンラインによる首脳会談を実施し、その中で来年2月の北京五輪の開会式へ喜んで出席すると語った。この回答に習国家主席は顔を合わせる時を待ちきれない思いで待っていると大きな喜びを表した。
関連ニュース
高市氏「外交団送るべきでない」 北京五輪巡り早期表明求める
日本共産党、政府に外交ボイコット訴える 「人権抑圧の黙認となりかねない」
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала