登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

北日本や日本海側で大雪 国内線14便が欠航=NHK

© East News / AP札幌市
札幌市 - Sputnik 日本, 1920, 18.12.2021
フォローする
気象庁によると日本の上空に今シーズン一番の寒気が流れ込んでいる上、冬型の気圧配置が強まった影響で北日本や日本海側を中心に雪が強まっている。NHKが伝えている。
18日午前11日の時点で、群馬県みなかみ町では63センチの積雪を記録。北海道札幌市では24時間降雪量が55センチ、小樽市で53センチと1999年の統計開始以降の観測史上1位を更新した。
また、北日本の日本海側を中心に風が強い状態が続き、18日の最大風速は北海道と新潟県で20メートルに達すると予想されている。
強風や大雪が予想されるため、18日午前4時の時点で、国内線14便の欠航が決まった。
気象庁は、吹雪や吹きだまりによる交通への影響のほか、強風・高波への警戒を呼びかけている。また、大雪となっている地域では立往生や着雪による停電、路面の凍結によるスリップ事故に注意を呼びかけている。
関連ニュース
日本 北陸道敦賀トンネル内で約50台が絡む多重事故
大阪ビル火災 24人の死亡を確認 3人心肺停止
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала