登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

WHO中間報告 オミクロン株に対するファイザー製、アストラゼネカ製ワクチンの有効性は対デルタ株より低下

© Depositphotosアストラゼネカ
アストラゼネカ - Sputnik 日本, 1920, 18.12.2021
フォローする
新型コロナウイルス変異株オミクロンに対するワクチンの有効性の検証で、ファイザー製ワクチン、アストラゼネカ製ワクチンともにデルタ株に比べて有効性が低いことが明らかになった。英国が行った研究をもとにWHOが報告した。
WHOは報告の中で「英国の研究結果によると、ファイザー/バイオエヌテック共同開発ワクチン、アストラゼネカ製ワクチンともに、オミクロン株に対するワクチン有効性はデルタ株に比べて著しく低下することがわかった」と指摘。
同時に、ファイザー製ワクチンをブースター接種した2週間後、オミクロンに対するワクチン有効性は上がったことも指摘されている。
報告文書では、これらデータは中間的なものであることを強調。
これより前、香港の研究チームは、オミクロンに対するファイザー製ワクチンの有効性は32分の1になると発表している。
関連ニュース
デルタ株とオミクロン株の「津波」に直面している=WHO
米国のオミクロン株感染者の大多数はワクチン接種済
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала