登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米研究チーム「2010年代以降に異常熱波が頻発」

CC0 / Pixabay / 地球温暖化
地球温暖化 - Sputnik 日本, 1920, 19.12.2021
フォローする
ワシントン州立大学の研究チームは、2010年代以降、北半球の中緯度および高緯度で熱波の発生頻度が高くなっていることを発見した。研究結果が学術誌「Journal of Climate」に発表された。
研究チームは1979年から2019年までの気候データを分析。熱波の発生頻度が1980年代から7倍になったことが判明した。2010年代には5月から9月の温暖時期の153日中、143日が猛暑日だった。熱波の集中度も17%上昇し、地理的範囲も46%広がった。
猛暑が壊滅的な干ばつや森林火災を誘発することは知られているが、世界各地で同時に熱波が発生すれば、驚異的状況が大幅に強まる可能性がある。2019年と2020年の例では、このような状況下で世界の農産物収穫量は4%減少することが示されている。
異常な暑さの原因は気候変動により地球平均気温が全体的に上昇したことにある。この100年間で地球の平均気温は1度上昇し、しかも上昇の3分の2は1975年以降に集中している。
関連ニュース
EU 2030年までに欧州全体の建物で温室効果ガス排出量を大幅削減
気候変動で食材にひそむ菌が増加 食品が健康に害を及ぼす恐れ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала