登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

シンガポール研究チーム、省エネ「スマート窓ガラス」開発

窓 - Sputnik 日本, 1920, 19.12.2021
フォローする
シンガポールの南洋工科大学の研究グループは、気象条件に適応し省エネを可能にする窓ガラスを開発した。研究結果が学術誌「Science」に発表された。
特殊フィルムを使用したガラスは温度や外の自然光に反応し、特性を変化させる。状況に応じて「スマートウィンドウ」は室内への太陽光取り込みを抑えたり、逆に太陽光の通過を促す。研究グループは、この発明が建物の暖房あるいは冷房時の資源節約に貢献すると考えている。
ガラスは暑い時、近赤外線の光を抑え、同時に長波赤外線を強める。これにより室内を冷却する。寒い時には太陽光を集め、室内に送り込む。これら機能は電力を必要としない。
研究グループ長のロンガ・イー教授は、窓の開口部は建物で最もエネルギー効率が悪い部分であると語る。米国家庭では、窓に関連する建物の電力消費は年間電力消費量の約4%を占めているという。
関連ニュース
デンマーク 暖房を節約する変わった方法を発見
ロシアの研究者ら エコでクリーンな石炭の代替品を開発
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала