登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新型コロナワクチン接種証明書のインプラント 希望者に埋め込み スウェーデン

© Fotolia / Lassedesignenメモリー(アーカイブ写真)
メモリー(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 21.12.2021
フォローする
スウェーデンのEpicenter社は、新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の情報を記録した、人間の皮膚の下に埋め込むチップの製造を開始した。デジタル技術分野のアナリスト、モア・ピーターセン氏によると、スウェーデンではすでに約6000人がチップを手に埋め込んだ。
皮下インプラントNFCは、NFC対応スマートフォンを使ってデータを読み取ることを可能とする。
Epicenter社は、皮膚の下にチップを埋め込むことについて、安全かつ痛みはないと主張している。 小さなチップは、前腕または親指と人差し指の間に埋め込まれる。これは「100%元に戻す」ことが可能で、チップはいつでも手から取りだすことができるという。
チップには、新型コロナのワクチンパスポートだけでなく、オフィスの書類、契約書、乗車券、ジムの利用権なども保存することが可能。
英国の大手インプラントメーカーのディレクター、スティーブン・ノータム氏によると、10〜15年後にはマイクロチップを埋め込んだ人が一般的になる。
関連ニュース
ファイザーの英国担当 今後数年間、新型コロナワクチンのブースター接種が必要
高齢者は感染後、高濃度の抗体を産出
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала