登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

シャーレの中の人間の脳細胞、AIよりも速くゲーム「Pong」を習得

CC0 / Pixabay / 人工知能
人工知能 - Sputnik 日本, 1920, 21.12.2021
フォローする
Cortical Labsの研究チームは、シャーレ(ペトリ皿)の中で「ミニ脳」をつくり、アーケードテニスゲーム「Pong」をプレイすることを教えた。ニュー・サイエンティスト誌が報じた。
Dishbrainと呼ばれるシステムは、人間の脳の約百万個の生きた細胞で構成されている。研究チームは、それらを刺激し、神経活動を分析する微小電極アレイの上に細胞を載せた。
Cortical Labsの主任研究員ブレット・ケーガン氏はこれについて「サイボーグの脳と呼ぶことができると考えている」と述べた。
細胞は、アーケードゲーム「Pong」を模倣した「仮想ゲームの世界」に埋め込まれた。ボールがある場所を示すために、アレイの左側の部分や右側の部分に電気信号が順々に送信された。それに反応して「ミニ脳」はラケットを操作するためにニューロンを活性化した。
研究では、「ミニ脳」がゲームを習得するためには10〜15セッション(15分のゲームセッション)で十分だが、人工知能(AI)は約5000セッション必要であることが明らかになった。一方、「ミニ脳」対AIでは、AIが「ミニ脳」に勝った。
関連ニュース
ランニングが脳の活動に好影響 筑波大学が実証
米ボストン大研究 頻繁に頭に衝撃を受けると脳に異常
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала