登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本 米軍駐在経費の日本側負担が増額 年間2110億円で合意

© AFP 2021 / Japan Pool沖縄 米国兵士
沖縄 米国兵士 - Sputnik 日本, 1920, 22.12.2021
フォローする
日米両政府は21日、2022〜26年度の在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)を約1兆550億円(年間で約2110億円)とすることで合意した。NHKが報じている。
2021年度の日本側負担額は2017億円だったが、22年度からの5年間で年間100億円増額する形となった。
これまでの負担額には労務費、光熱水費、施設設備費、訓練移転費が含まれていた。今回の合意では、光熱水費の削減が明らかになった他、新たに「訓練資機材調達費」が設けられる。「訓練資機材調達費」は、訓練で在日米軍と自衛隊が共同使用できる機材の調達に使われ、5年間で日本側が最大200億円を負担する。
ロシア軍 - Sputnik 日本, 1920, 21.12.2021
プーチン大統領、ロシア軍近代化について語る
また、日本政府はこれまで、在日米軍駐留経費の日本側負担の通称を「思いやり予算」としてきた。しかし日本政府は今回、日米同盟を強靱なものにしていくという意味をこめて「同盟強靱化予算」に呼ぶことにすると明らかにした。
関連ニュース
米国、リトアニアに対戦車ミサイルを輸出へ=米国防総省
NATOがロシアの安全保障交渉に応じない場合、対抗の脅威を用意=露外務次官
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала