登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

犬は物理法則が乱されると驚く 研究で明らかに

犬 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
フォローする
犬は物理の基本法則を知っており、それが乱されると驚いた反応を示すことが、研究者らによって明らかになった。この研究に関する論文が、学術誌「バイオロジー・レターズ」に掲載されている。
ウィーン大学のクリストフ・フェルター氏は実験で、訓練されたボーダー・コリー14匹に画面上で3次元アニメーションのボールが動く様子を見させた。そのボールは、ほとんどの場合では物理法則に従って動くが、時々その法則を破る動きを見せるというものだった。
フェルター氏は実験で、犬の動きを観察した。画面上でボールが別のボールに衝突することなく勝手に動き出すと、犬たちはボールをじっと見つめ、瞳孔が開き、困惑と驚きの表情を浮かべることが分かった。
研究者らは、「これが学習の原点だ。周囲で起きている事に期待を膨らませ、物体の物理的な振る舞いを見て、それが原則どおりに動くかどうかを観察する。そして、予期せぬことが起きた時には注意を向け、何が起きているのか考えようとするのだ」と説明している。
研究者らによると、生後6ヶ月以上の乳児とチンパンジーも全く同じ反応を示すという。
関連ニュース
留守番の犬が心配… 犬と「お話」できる電話「DogPhone」が開発
犬は、人間の行動が偶然によるものかそうでないか区別できる=独研究チーム
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала