登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

世界海洋は数メートル上昇 日本人研究者らが予測

南極 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
フォローする
日本人研究者らは、地球温暖化による南極大陸の氷の融解で世界海洋の水面は3000年までに5メートル上昇する可能性があるという調査結果を「Journal of Glaciology」(雪氷学ジャーナル)に発表した。
地球温暖化の影響で氷床および氷河の融解、後退が起きていることは知られている。北海道大学、東京大学、海洋研究開発機構が合同で、地球温暖化を条件に南極の氷床が長期的にどれほど融解するかを調査し、3000年までに起こりうる様々な要因を考慮した上で南極大陸全域とその周辺の氷の層全体の変化のシナリオを分析した。
地球温暖化 - Sputnik 日本, 1920, 19.12.2021
米研究チーム「2010年代以降に異常熱波が頻発」
モデリングの結果、温暖化が止まらない場合、南極の氷の融解によって世界海洋の上昇レベルは2100年までにさらに30センチメートル、3000年には5.4メートルに達する恐れがあることがわかった。ただし、温室効果ガスの排出が削減された場合は、この数値は推定でそれぞれ3センチ、0.32メートルになる。
研究者たちはこうした高い海面上昇を起こす主な危険因子として、海面より著しく低い位置にある西南極の氷床が海に崩れ落ちる可能性を指摘している。
関連ニュース
気候危機に関するデータをブラックボックスが記録
気候変動でグレートバリアリーフ全体に悪影響 珊瑚白化が深刻
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала