登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

豪州 酔っ払いインコが町を襲撃

© 写真 : Pixabayインコ
インコ - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
フォローする
豪サウスオーストラリア州ブルームで発酵したマンゴーを食べた酔っぱらいのハゴロモインコに脅かされているとの苦情が住民から相次いだ。The Fox Melbourneが伝えた。
キンバリー地方ではシーズンの終わったマンゴーの実が地面に落ちて、腐敗し、そこに太陽光があたって発酵が始まった。糖分の多いマンゴーは発酵すつろアルコールが生成されてしまう。これがハゴロモインコを引き寄せるようになり、発酵した汁をむさぼるように飲んだインコが住民の生活を脅かすようになったというわけだ。
インコのなかには酔っぱらった挙句、いとも簡単に外敵の餌食になって死んでしまう鳥もいる。地元の獣医が、挙動がおかしいと連れてこられた約6羽のハゴロモインコを治療したところ、エタノール中毒であることが判明した。
インコを診察したブルーム動物病院のポール・マーフィー医師は、「通常、インコは2~3日は影響を受けます。アルコールのせいで非常に眠くなり、程度は様々ですが栄養失調の状態にあります。窓ガラスにぶつかってきたり、地面に座り込んで飛べないという報告も何件か聞いています。この状態では、インコは猫などの餌食になりやすいのです」と説明している。
関連ニュース
英動物園が「悪癖」からオウムたちを非公開に 罵詈雑言を上手に習得
オウムを死ぬほど驚かせてしまったオランダ企業に賠償金命令
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала