登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

子どもが新型コロナにかかった場合の危険な合併症

© AP Photo / Aaron Favila赤ちゃん
赤ちゃん - Sputnik 日本, 1920, 24.12.2021
フォローする
英国の医療センター「Royal Brompton and Harefield hospital」は、子どもが新型コロナウイルス感染症にかかった場合、危険な合併症である多系統炎症性症候群を引き起こすおそれがあると発表した。Expressが報じた。
専門家らは、このような新型コロナの合併症は十分にまれで、新型コロナウイルスに感染した子どもや青少年の半分にすぎず、多くの場合は無症状だと説明した。多系統炎症性症候群の症状は、高熱、持続性咳嗽、味覚や嗅覚の変化または喪失など。
小児科病院「Great Ormond Street Hospital」によると、多系統炎症性症候群を発症した子どもや青少年には、疲労感、倦怠感、腹痛、腹部の痙攣、下痢、嘔吐、手足の浮腫、皮膚の皮がむける、発疹、頭痛、筋肉痛などの症状がみられる。浮腫が全身に広がるのは、典型的な免疫応答だという。
また医師らによると、半年後に臓器の損傷がみられるケースもあり、数カ月間にわたって身体の運動・動作の困難が残るという。
関連ニュース
大規模なワクチン追加接種によってパンデミックが長引くおそれがある=WHO事務局長
オミクロン株は人為的に製造可能=露国立研究所トップ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала