登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国とNATOがウクライナ情勢を協議、ロシアとの建設的な対話に向けて調整=米国務省

© AP Photo / J. Scott Applewhite, File米国務省
米国務省 - Sputnik 日本, 1920, 24.12.2021
フォローする
米国のアントニー・ブリンケン国務長官と北大西洋条約機構(NATO)のイェンス・ストルテンベルグ事務総長はウクライナを巡る情勢を検討し、ロシアとの建設的な対話に向けた用意があることを表明した。米国務省の発表で明らかになった。
ブリンケン国務長官はストルテンベルグ事務総長と会談し、ウクライナとの国境付近でロシア軍の活動が活発化している状況に懸念を表明した。そしてロシアへの取り組みについて2つのアプローチを検討したという。
具体的には、ロシアとの建設的な対話を進める用意を維持しながらも、同盟国の防衛を継続することで一致したとのこと。
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
プーチン大統領 ウクライナとの戦争勃発の可能性についてコメント
米国はロシアがウクライナに侵攻した場合に備え、世界経済システムからロシアを完全に遮断し、ロシアのビジネス、及び国民に大きく影響力を行使する「前例のない経済制裁」を同盟国と検討している。一方、ロシアはウクライナ侵攻の計画を否定し、自国内で部隊を自由に展開する権利があるとしている。
関連ニュース
NATOがロシアの安全保障交渉に応じない場合、対抗の脅威を用意=露外務次官
プーチン大統領、ロシア軍近代化について語る
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала