登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国、安全保障の交渉で妥協せず=駐露大使

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行Кандидат на пост посла США в РФ Джон Салливан на заседании комитета по иностранным делам сената США
Кандидат на пост посла США в РФ Джон Салливан на заседании комитета по иностранным делам сената США - Sputnik 日本, 1920, 24.12.2021
フォローする
米国は自国や北大西洋条約機構(NATO)加盟国を巡る安全保障の問題で妥協に応じるつもりはない。米国のジョン・サリバン駐露大使が表明した。
サリバン大使は露紙「コメルサント」のインタビューに応じた中で、次のように発言した。
我々がNATOの関連で同盟国と築いている環大西洋上の関係に対する忠誠は我々の安全保障にとって根本的な意義を持つものであり、この問題で妥協に応じるつもりはない。
また、欧州の安全保障に関する全ての政策はNATOと調整した上で決定するとも表明した。
なおロシア側が安全保障の関連で提案した交渉について、米国はNATOとロシアへのアプローチについて検討中であるとし、サリバン大使は現時点で詳細は公表できないとも指摘した。
Госсекретарь США Энтони Блинкен - Sputnik 日本, 1920, 22.12.2021
バイデン時代の米国、覇権争いから露中を退ける=米国務長官
米国側はロシアに対する懸念を議論し、ロシアの提案に応じる用意はないと強硬な姿勢を表明している。これに対しロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、欧米との協議に臨むのかとの質問に対し、ウラジーミル・プーチン大統領は可及的速やかに交渉開始する用意があると発言した点について言及した。
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
プーチン大統領 ウクライナとの戦争勃発の可能性についてコメント
米国はロシアがウクライナに侵攻した場合に備え、世界経済システムからロシアを完全に遮断し、ロシアのビジネス、及び国民に大きく影響力を行使する「前例のない経済制裁」を同盟国と検討している。一方、ロシアはウクライナ侵攻の計画を否定し、自国内で部隊を自由に展開する権利があるとしている。
関連ニュース
NATOがロシアの安全保障交渉に応じない場合、対抗の脅威を用意=露外務次官
プーチン大統領、ロシア軍近代化について語る
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала