登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

筋萎縮性側索硬化症に新たな治療法 他の難病用製薬が原因物質を抑制

© AP Photo / Pat Eaton-RobbALS患者用車椅子
ALS患者用車椅子 - Sputnik 日本, 1920, 24.12.2021
フォローする
24日、日本の山形大学が筋萎縮性側索硬化症(ALS)に効果がある製薬を発見したと発表した。
共同通信によれば、同大学は、アルツハイマー症の治療目的で開発が行われている製薬が、マウスの実験の過程で、ALSの原因となるタンパク質の異常凝縮を抑える効果があることを発見した。研究グループの山形病院ALS治療研究センターの専門家によれば、脳や脊髄などに蓄積する原因タンパク質の凝縮を抑制する製薬が発見されるのは、今回がはじめてだという。
関連ニュース
糖尿病治療に絶大な効果の食品とは?
バルセロナ大研究チーム、12年研究認知症リスクを低下させる食事とは
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала