登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

「オミクロン株」が確認された国、さらに増加

© REUTERSオミクロン
オミクロン - Sputnik 日本, 1920, 24.12.2021
フォローする
世界保健機関(WHO)は24日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に関する最新の分析結果を公表した。それによると、「オミクロン株」はすでに世界110ヵ国で確認され、「デルタ株」よりも感染拡大のスピードが速いが、重症化リスクは低い可能性がある。
WHOは「12月22日時点で、『オミクロン株』はWHOの全6地域の110ヵ国で確認されている」と発表した。
一次データは、「オミクロン株」は「デルタ株」よりもはるかに感染拡大のスピードが速いが、重症化リスクは低い可能性があることを示しているという。
一方、ワクチンや過去の感染が、より軽症で済む傾向にどの程度貢献しているかは今のところ不明。
先に、「オミクロン株」の出現で飛行機の機内でコロナウイルスに感染する確率がこれまでの2倍、ないしは3倍に高まったと報じられた。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала