インドネシア、露Su-35戦闘機11機購入計画を断念 予算不足

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy / フォトバンクに移行露Su-35戦闘機
露Su-35戦闘機 - Sputnik 日本, 1920, 24.12.2021
インドネシア当局は、ロシアのSu-35多機能戦闘機11機について、予算不足のため購入を断念した。インドネシア空軍のファジャール・プラセティオ参謀総長が明らかにした。CNN Indonesiaが報じた。
プラセティオ氏は「不本意ながら、Su-35戦闘機の購入計画を断念せざるを得ない。最初にお話しした通り、航空隊の発展は予算に強く依存している」と述べた
プラセティオ氏は、インドネシアはSu-35の代わりにフランスのDassault Rafale戦闘機と米国のF-15EX戦闘機を購入することを明かにした。同氏によると、F-15EXの1機目は2027年ごろにインドネシアへ納入される。
インドネシアはロシアからSu-35戦闘機11機を購入する契約を2018年に締結したが、その実行は米国による制裁の脅威によって常に妨げられた。
関連ニュース
米国 ロシア戦闘機Su-57は「過去の時代の遺物」
米誌ナショナル・インタレスト ロシア戦闘機Su-35は「米国にとって真の脅威」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала