40歳を過ぎたら見逃してはならないこと 病気予防の10項目

ヨガ - Sputnik 日本, 1920, 26.12.2021
米国サイト「Eat This, Not That!」が40歳以上の人に危険な習慣について取り上げた。この年齢において生活のどのような場面に注意をすべきか専門家が解説している。
専門家は、40歳を過ぎたら見逃してはならない10の項目を挙げた。まず、多くの人は脳を鍛えていない。頭の運動は新たな神経接続の形成を促すにもかかわらず。また姿勢にも注意すべきだという。健康な姿勢は日常生活に重要だ。
医学専門家はまた、身体活動の重要な条件として安全性を指摘した。運動レベルに関係なく安全というファクターに注意を払い、ケガを防ぐ必要があるという。40歳以上の人は体重を管理し、ガン予防のために体重を増やさないようにしなければならない。
専門家は、血圧管理を習慣とするよう勧めている。血圧は心臓の働きだけでなく腎臓にも影響を与えるからだ。また、定期的に大腸内視鏡検査を行い、夜のパーティーを控えるのも大事だ。男性は前立腺の健康に注意し、スクリーニングテストを受け、体内のテストステロンをチェックするよう専門家は呼びかけている。
関連ニュース
がんの発症リスクを高める3つの習慣とは?
座りっぱなしの生活は、脳卒中の発症リスクを4〜7倍高める
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала