登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

米国 進行性麻痺の男性 思考だけでツイート

© Depositphotos / Agsandrew米国 進行性麻痺の男性 思考だけでツイート
米国 進行性麻痺の男性 思考だけでツイート - Sputnik 日本, 1920, 26.12.2021
フォローする
米国に住む進行性麻痺のフィリップ・オキフェさん(62)が脳に埋めたチップの力を借りてツイートした。ツイートは米スタートアップ「シンクロン」のトーマス・オクスレイ社長のツイッターアカウントに投稿された。
フィリップさんは「キーボードも音声入力も必要ない。ただそう考えただけで、このツイートをすることができた。」と書いている。
「シンクロン」は2020年、麻痺がある人を対象に脳にデバイスを移植した。電子機器とリンクし、考えるだけで、例えばマウス操作など、動かせるというものだ。フィリップさんはすでにネットショッピングができるようになったという。
関連ニュース
シノバック製ワクチンが顔面神経麻痺のリスクを高める-ランセット誌
政治家と健康問題 持病を抱えながら務める国のリーダー
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала