登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

中国、デジタル検察官を開発 97%の精度で起訴・不起訴を決定

© Depositphotos / AndreyPopovМолоток и наручники на столе у судьи
Молоток и наручники на столе у судьи - Sputnik 日本, 1920, 27.12.2021
フォローする
中国の研究チームは、事件の口頭記述に基づいて97%の精度で起訴・不起訴を決定できる人工知能(AI)を開発した。サウスチャイナ・モーニング・ポストが報じた。
この新技術は、上海市浦東新区人民検察院ですでにテストされた。研究チームは、この開発によって検察官の毎日の負担が軽減され、より複雑な事件に集中できるようになると確信している。
研究チームによると、同システムは、意思決定プロセスにおいてある程度検察官に取って代わることができる。
中国、子供(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 18.12.2021
中国 5歳、7歳児に大学教科を強制、暴力 しごきの夫を妻が訴え
AIは、2015年から2020年に起訴・不起訴について判断された1万7000件超の事件を基盤に「学習」した。
デジタル検察官は、事件記録を分析する過程でそのシステムが認識する1000の特徴に基づいて起訴するか不起訴にするかを決める。
AIは現在すでに、上海で最も一般的な8つの犯罪(クレジットカードの不正利用、ギャンブルの企画、自動車の危険な運転、傷害、職務妨害、盗難、詐欺、「喧嘩を起こし、不愉快な出来事を扇動する」)で起訴・不起訴を決定することができるという。
関連ニュース
中国、最大150トンの打ち上げ能力を持つ運搬ロケットを開発中
人工知能に学習させる新たな方法
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала