登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

J&Jワクチンを接種したコロナ患者は、ファイザーやモデルナ接種者よりも症状が重い 

© 写真 : Dado Ruvic/IllustrationJ&J製ワクチン
J&J製ワクチン - Sputnik 日本, 1920, 29.12.2021
フォローする
米コロンビア大学医療センターの救急医療部門でグローバル・ヘルス担当ディレクターを務めるクレイグ・スペンサー氏は、1回接種型のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチンを接種したコロナ患者は、ファイザー製またはモデルナ製のワクチンを2回接種した患者や追加接種を受けた患者よりも症状が重いとの結論に達した。 
スペンサー氏はツイッターに「J&Jのワクチンを接種した大多数のコロナウイルス患者は、全体的に症状がより重かった。彼らはひどく具合が悪かった。数日間高熱が続いた… 彼らはだるさや倦怠感を感じていた。いくらか息切れや咳もあった」と投稿した。
なお、スペンサー氏は、患者たちは「すこぶる元気」だとは感じていなかったが、いずれにせよ生命にかかわる危険性はなかったと指摘し、「J&Jのワクチンを1回接種している場合は、追加接種、できればファイザーまたはモデルナのワクチンをできるだけ早く接種してください!」とアドバイスした。
またスペンサー氏は、症状が最も重いのはワクチン未接種者だとの結論に達した。同氏によると、入院を必要としたほぼすべての患者はワクチン接種を受けていなかったという。
関連ニュース
研究者が指摘 新型コロナ完治者で老化が促進
世界初 抗ウイルス性のステンレス鋼 香港が開発
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала