登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

持続的な幸福の追求は普通ではない=医師

裸自画撮り - Sputnik 日本, 1920, 31.12.2021
フォローする
精神科医で研究者のアンダース・ハンセン氏はスウェーデン紙Svenska Dagbladeに、メディアやSNSは人々に持続的な幸福を追求する必要があると思い込ませて、うつ病を広めたと語った。
ハンセン氏は、幸福は通常の感情状態、いわば「デフォルトの状態」ではないとし、それゆえに、持続的な幸福が重要だと考えている人々は不安を感じていると強調した。
ハンセン氏は、一般的に痛みを伴う状態と呼ばれる不安は、実際には人間の進化の過程で積み上げられてきたより自然な感情であることに注目し、脳は「もともと良い気分を確保するようにできていない」と指摘した。
女性(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2021
容姿に対する懸念によるうつ病、エピデミックの規模に
またハンセン氏は、睡眠不足、長期的なストレス、体を動かさない生活、また「SNS上での他人の過度な加工画像の過剰消費」は、脳がストレスとして解釈するシグナルになる可能性があると説明した。
関連ニュース
毎日の習慣が長寿のカギ:寿命を延ばす3つのファクター
日本の研究者が解明 新型コロナのパンデミックの長期化が精神面に与える影響
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала