ギリシャの学者、パンデミック収束時期を予測

© Sputnik / Evgeny Odinokov / フォトバンクに移行Сотрудница Центрального НИИ Эпидемиологии Роспотребнадзора в Москве, где разработана и зарегистрирована тест-система на выявление мутации коронавируса N501Y
Сотрудница Центрального НИИ Эпидемиологии Роспотребнадзора в Москве, где разработана и зарегистрирована тест-система на выявление мутации коронавируса N501Y  - Sputnik 日本, 1920, 02.01.2022
ギリシャ・テッサロニキのアリストテレス大学のデモステネス・サリヤンニス教授はニュースサイトNewsbeastに、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染の波は2月20日までに収まり、「オミクロン株」はおそらく新型コロナウイルス最後の変異だとの見方を示した。
ギリシャの著名な学者のサリヤンニス氏は、今回の「抑えられない」波進展の数理モデルを引用した。ギリシャでは、新型コロナウイルスの新規感染者が5日連続で過去最多を更新し、12月31日の新規感染者は4万500人で、オミクロン株が優勢になっている。
サリヤンニス氏によると、感染者の増加は1月20日から22日まで続き、週平均は6万6000人に達する。これは実際に、1日あたりの感染者数が8万人、さらには10万人になる日もあるかもしれないことを意味しているという。サリヤンニス氏は、週平均の計算は、日平均値よりも正確だとの見方を示している。
サリヤンニス氏は「したがって、『オミクロン』の波のピークから1か月後の2月20日には、すでにその引き戻りはすでに終わっている。その場合、週平均の感染者数は3500〜4000人になる。その時、(ギリシャにおいて)『オミクロン』は終わりを迎え、私たちの社会の非常に大きな部分が免疫を持つようになる」と述べた。
サリヤンニス氏は、これはコロナウイルス最後の「唸り」になる可能性があるとした一方で、「オミクロン株」が最後の感染急拡大であったとしても、「決して自己満足の論理が勝ってはならない。私たち全員が簡単に病気にかかって終わる可能性が非常に高い」と述べた。
関連ニュース
コロナのパンデミック モデルナCEOが「2022年秋には収束」
パンデミックの発生により現代社会の世界的な不平等が著しく悪化
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала