ラグビー・NECグリーンロケッツ東葛の豪州選手がコカイン所持容疑で逮捕

CC0 / / コカイン
コカイン - Sputnik 日本, 1920, 02.01.2022
ラグビーの新リーグ「リーグワン」のNECグリーンロケッツ東葛は1日、元オーストラリア代表のブレイク・ファーガソン容疑者が違法薬物所持の疑いで警視庁に逮捕されたことを明らかにした。日刊スポーツが報じた。
報道によると、NECグリーンロケッツ東葛に所属するファーガソン容疑者(31)が2021年12月30日に、東京・港区六本木の飲食店でコカイン所持の現行犯で警視庁に逮捕された。
ファーガソン容疑者は港区六本木の飲食店で男性に暴行を加え、けがをさせた疑いで麻布警察署に任意同行され、所持品検査でコカイン所持が発覚したという。
ファーガソン容疑者は13人制のラグビーリーグで活躍し、オーストラリア代表なども経験した。昨年11月に15人制のラグビーユニオンへ転向しNECグリーンロケッツ東葛に加入した。
NECグリーンロケッツ東葛は1日、ホームページに「関係の皆さまに多大なるご心配とご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げます。警察の捜査に全面的に協力するとともに、状況把握に努めております」と発表した
関連ニュース
ラグビーワールドカップ2027 ロシアが開催希望で申請を予定
イタリア南部の港で10億ユーロ相当のコカイン押収
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала