Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

米国 5歳以上の児童にコロナワクチンの再接種を許可

© AP Photo / David Goldman子供のワクチン接種
子供のワクチン接種 - Sputnik 日本, 1920, 04.01.2022
米国は12歳以上の児童および5歳以上の免疫不全の児童に新型コロウイルスのワクチン再接種(ブースター接種)を許可した。再接種にはファイザーのワクチンが使用される。米食品医薬品局(FDA )が発表した。
FDAの発表にはこう書かれている。「FDA はワクチンの緊急使用規則に追加を行い、12歳から15歳の児童をリストに加えた。さらに2度の接種を完了した後、再接種を行うまでの期間を最低でも5カ月縮める。11歳以下5歳以上の免疫不全の児童にも再接種が許可される」このカテゴリーの児童に再接種が推奨される理由については、2度の接種ではコロナウイルスの十分な感染予防にならないからと説明されている。
FDAはファイザーのワクチンの安全性をイスラエルからのデータを検討した結果、確認し、この決定を下したとしている。米国は、イスラエルから12歳から15歳までの6300人の再接種に関するデータ提供を受け、これを検討した結果、「現在のCOVID-19感染状況で、青少年への再接種がもたらすメリットとリスクについて、今までと異なる評価が可能となった」ため、ブースター接種の安全性が保証されたと判断した。
米国は5歳から11歳の児童に対してのファイザーのワクチン接種については2021年11月の時点で最終的に許可を出している
関連ニュース
韓国 オミクロン株による初の死亡が確認
世界のコロナ感染者数が2億9000万人を超す
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала