オミクロンに感染することでデルタに対する免疫反応アップ=南ア研究

© AP Photo / Koji SasaharaЛюди в масках для защиты от распространения коронавируса в Токио, Япония
Люди в масках для защиты от распространения коронавируса в Токио, Япония - Sputnik 日本, 1920, 04.01.2022
南アフリカ共和国の研究グループが行った研究から、新型コロナウイルス変異種「オミクロン」罹患者の体内では「デルタ」株を中和させる抗体がつくられていることがわかった。
この研究はまだ検証されておらず、被験者の少数のサンプルで行われた。被験者はコロナワクチン接種を受けた者、未接種の者を合わせて約30人で、全員がオミクロンに感染済み。
アフリカ健康研究所(AHRI)のアレックス・シガール氏がツイッターで公開した研究では「オミクロンの中和能力は研究開始後14日間で14倍上がり、オミクロンに対する体液性免疫応対を示している。デルタ株の場合、中和能力は4.4倍だということが重要だ」と指摘されている。
新型コロナ検査 - Sputnik 日本, 1920, 28.12.2021
オーストラリアで数百人の新型コロナ検査の結果に誤り
研究グループは、オミクロン罹患者のデルタ株に対する抵抗力が上がることで「デルタの再感染能力が低下」する可能性があるとしている。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала