中国 STARTⅢ延長では不十分 露米は核兵器を削減せよ

© AP Photo / Juan Carlos Llorca核兵器
核兵器 - Sputnik 日本, 1920, 04.01.2022
露米間で締結された核兵器削減条約について、中国は条約は不十分として、これに参加する意向のないことを明らかにした。中国外交部兵器管理部のフ・ツン部長の表した声明をリアノーボスチ通信が引用して報じた。
フ・ツン氏は、中国は露米の戦略対話および新戦略兵器削減条約(START III)の延長を歓迎することを強調した。「露米は地球上に存在する核兵器の90%以上を保有している。このため、STARTⅢが延長されても、これで十分とは考えていない」と述べた。
フ・ツン氏は、ロシアも米国も核兵器の削減を不可逆的で法的拘束力のある方法で継続し続けるべきだとする一方で、中国も、露米が中国の保有水準まで核兵器を削減した場合、両国の核軍縮交渉に参加する用意があると表明している。
1月3日、ロシア、中国、米国、英国、フランスのいわゆる核保有5カ国の首脳が軍拡競争に反対し、将来的に核戦争を防ぐために可能な限りのことを行うよう呼びかけました。
関連ニュース
宇宙条約を遵守していない 中国、米国を非難
露中、西側が他国の内政に干渉しようとする試みを非難
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала