Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

軽症、無症状のコロナ感染に潜む危険性 米国研究者

病気 - Sputnik 日本, 1920, 05.01.2022
米国の科学者たちの研究で、コロナウイルスの感染が軽症や無症状で済んだ場合も体内組織、臓器に焚いて長期の免疫応答を招く恐れがあることが明らかになった。この学説はJournal of Translational Medicine誌に掲載されている。
調査にはコロナウイルスに感染し、軽症、無症状で済んだ177人が参加した。これらの元患者とパンデミックまでは病気に罹っていなかった人の両方のグループの血液サンプルを比較したところ、前者のグループのほうが自己抗体の値が高いことがわかった。こうした自己抗体は通常、全身性エリテマトーデスないしは関節リウマチといった慢性的な自己免疫疾患を病む人の血液から検出される。
自己抗体の中には自己免疫疾患に関するものがある。自己免疫疾患は通常、男性よりも女性のほうが罹患率が高いが、この研究では男性の方が女性よりも自己抗体の上昇が大きかった。
これらの研究者らは、ワクチン接種にもかかわらず感染(ブレイクスルー感染)した場合、自己抗体が生じるかどうかを調べる計画を表している。
関連ニュース
COVID-19は季節性になる?再び罹ることもある?新型コロナウイルスについて知りたいこと
新型コロナ完治者の18%が無症状で抗体なし-感染症専門医
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала