ローマ教皇 子どもの代わりにペットを飼う人々を強く非難

© AFP 2022 / Filippo Monteforteフランシスコ教皇
フランシスコ教皇 - Sputnik 日本, 1920, 06.01.2022
ローマ教皇フランシスコは、バチカンで行われた一般謁見で、家庭を築くことや子どもを望まず、ペットを飼う大勢の人々は身勝手であると非難したことが分かった。英紙「ガーディアン」が報じている。
フランシスコ教皇は、子どもの代わりにペットを飼育することは「我々を矮小化し、人間らしさを奪う」ことであり、文明の喪失につながる恐れがあると述べたという。
失踪9年を経て飼い主が愛猫と待望の再会
さらに教皇は、生物学的な理由で子どもが持てない夫婦に、養子縁組を検討するように勧めた。フランシスコ教皇は、「子どもを持つことは常にリスクが伴うが、持たないことの方がリスクがより大きい」と述べ、子どもを持つことを恐れないようにと訴えた。
関連ニュース
教皇フランシスコがコメント 児童虐待をめぐる教会の苦しみと羞恥
米写真家 スーパーで食用に買ってきたロブスターをペットに
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала