Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

米国CDC:新型コロナ用ワクチンの接種が早産のリスクを高めることはない

妊娠 - Sputnik 日本, 1920, 06.01.2022
米国疾病予防管理センター(CDC)の研究者が、妊婦の新型コロナ用ワクチン接種と早産との関係を調査した。
イェール大学の共同指導で実施された研究では、4万人超の妊婦が調査され、未接種の妊婦と接種を行った妊婦との比較で、妊娠時の新型コロナ用ワクチンの接種が早産やSGA性低身長症と関連がないことが示された。
研究者らは、新型コロナ用ワクチンを接種した時期や接種回数も、早産リスクの増加とは関連がないことを明らかにした。
妊婦 - Sputnik 日本, 1920, 28.11.2021
新型コロナウイルス
妊婦が新型コロナに感染すると、胎児は精神疾患の発症リスクが高まる恐れ=ネイチャー誌
研究に参加した女性のうち、1万64人または約22%が妊娠中に少なくとも1回の新型コロナ用ワクチンの接種を受けたと研究者らは指摘する。
研究結果では、新型コロナの重症化を予防するため、妊娠中のワクチン接種が推奨されているが、女性はワクチン接種に慎重であり、既存のワクチンを信頼していない。
関連ニュース
新型コロナウイルスは死産のリスクを高める
無料で病院に入るため ウクライナ男性がコロナ・ワクチンを15回も接種
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала