日米「2プラス2」 中国と北朝鮮の行動に懸念を表明

© AP Photo / Shizuo Kambayashi林芳正外相
林芳正外相 - Sputnik 日本, 1920, 07.01.2022
日米の外務・防衛の閣僚協議「2プラス2」が7日午前に行われ、日本の林芳正外相は協議後、「日米両政府は、国家安全保障戦略をはじめ、日米同盟をいかに進化させ、現在、そして将来の挑戦に効果的に対処し続けるかについて重要な議論ができた」と述べた。また、両国は、中国の行動と北朝鮮のミサイル発射に関する懸念を共有した。
林外相は、記者会見で「日本を取り巻く戦略環境が厳しさを増す中、日米同盟は一層、重要となっている」とし、海洋進出の動きを強める中国については「地域の安定を損なう行動を抑止し、必要であれば、対処するために協力することを決意した」と語った。
U.S. Secretary of State Antony Blinken visits Japan - Sputnik 日本, 1920, 07.01.2022
日米、極超音速兵器や宇宙戦力などの脅威について共同研究・開発=ブリンケン米国務長官
また、米国は、日本の施政を損なおうとする一方的な行動に結束して反対し、沖縄県の尖閣諸島に日米安全保障条約第5条が適用されることを確認したとされている。
日米の閣僚は香港と新疆ウイグル自治区の人権問題について懸念を共有し、台湾海峡の平和と安定の重要性を確認した。また、国連安保理決議に違反しているとして北朝鮮によるミサイル発射についても懸念を表明した。
関連ニュース
北朝鮮ミサイル発射 米・英・仏などが国連安保理会合を要請
在日米軍の外出制限を要請 林外相、米国務長官と電話会談
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала