次世代高速炉の開発で米国と三菱重工などが協力

CC0 / Raysonho @ Open Grid Scheduler / Scalable Grid Engine / Логотип компании Mitsubishi Electric
Логотип компании Mitsubishi Electric - Sputnik 日本, 1920, 07.01.2022
米国で開発中の次世代高速炉の開発で、日本原子力研究開発機構と三菱重工業が技術協力を行う。NHKが報じた。
7日、小林経済安全保障担当相は記者会見で、2社への協力要請ついて認めた上で、海外の開発プロジェクトへの参画は、日本の人材育成の上でも重要とコメントしている
米国では2028年の運転開始を目標に、米エネルギー省と原子力企業「テラパワー」が次世代高速炉の開発を推進しており、日本の2社と協力に関して近い将来に覚書を交わすことになる。
関連ニュース
三菱電機幹部 検査に関わる不祥事で報酬減額
三菱商事「カーボンニュートラル社会の実現」へ 温室効果ガス排出量2030年度まで に半減 EX事業に2兆円規模投資
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала